フィットアカデミー | 石川県の個別指導の学習塾

フィットの想い
フィットアカデミーが
選ばれる理由
入塾の流れ
料金・キャンペーン
校舎マップ・教室紹介
先生の紹介
コースと
勉強法について
高校生コース
中学生コース
小学生コース
オンライン個別指導
成績アップの実績
成績保証制度
お問い合わせ
よくある質問
通常講習
採用情報トップページ
新卒・キャリア採用に
応募の方へ
アルバイト採用に
応募の方へ
先輩インタビュー
募集一覧
BLOG
LINE
facebook

ニュース&ブログ

NEWS&BLOG

大徳校、岸本です。

私の中では秋と言えば、読書の秋です。

今日辞書を買いました。

今月2冊目です。

私は割と辞書が好きなので、人よりは頻繁に購入するタイプだと思います。

英英辞書はこれまでの生涯で2冊目です。

「英単語の説明を英語で読む」という作業は、実際に購入するまで私が想像していたものよりも容易で楽しいものでした。

説明の文の英語は、比較的平易な単語で構成されているからかもしれません。

英英辞書で、自分が知っている単語の説明文を読みながら、文章が伝えたいニュアンスを自分の頭の中にある日本語としての理解とすり合わせる作業は、英語長文を読む能力を培うためにもなりそうだなと感じます。

こちらは最近読んでいる本です。

文字と文字の間の隙間「レタースペース」をどのように調整するか、というデザインを学びたい人向けの本です。

自分で文書を作成する際、日本語・アルファベット・数字が混ざった文章になると、文字間の差異が気になって、なんとなく感覚で調整していたのですが、その基本の考え方が少し分かってきたような気がしています。

私はデザイナーではないので、その知識を使う機会は非常に限定的ですが。

自分が感じたこと、気になっていたことが、決して自分だけのものではなく、他にも同じように感じている人がいるんだ、という共感を感じられるのは読書の良いところだと思います。

逆に、全然理解できないこともありますが、それはそれで自分の中で経験値に変換できるように、ゆっくり咀嚼しながら飲み込んでいけるところも、読書の優れた点ではないかと思っています。

その他にも、海外ミステリの人気作を読んでみたり、昔読んだマンガを読み返してみたり、世界の民族衣装の本を眺めてみたりしています。

先日、中学3年生が受験した石川県総合模試の国語の文章にも読書を勧めるものがありましたが、忙しい勉強の合間に読書の時間を作る生活、おすすめです。

フィットアカデミーでは、随時相談会を実施しております。

詳しくは、 こちら をクリックしていただくか、

0120-927-161まで、お気軽に お問合せ下さい。